サイクリストにおすすめしたいシングルスピードの魅力ベスト5

シングルスピードとは?

変速機のない自転車。スポーツサイクルでは多段変則が当たり前ですが、あえての無段変速です。ちょっと不便と思うかもしれないけれど、これがいいんです。固定ギアは下り坂が怖いので、フリーコグがおすすめ。

シングルスピードの魅力

変速機のない、シングルスピードバイクのメリットをご紹介。わたしの愛車はSurly Steamroller.

クロスバイク、ロードバイクと4台のスポーツ自転車を所有してきましたが、最後に残った1台はシングルスピードのSurly Steamrollerでした。Last foreverな1台をご紹介。

1)メンテナンスが楽で気軽に乗れる

変速機が無いと、調整もいらない。清掃も楽ちん。故障もない。まずはこれが大事。自分で自転車を組んでみたい人にも最初の1台におすすめ。変速機がないので比較的手を出しやすいし、部品代も安く上がります。

こんなお買い物にも気軽に使えますし、

通勤に使うにもぴったりです。

もちろん休日はこんなツーリングに出かけてもよいです。これはサイクリストの聖地、しまなみ海道に行った時の写真。

太いタイヤが履ける、SurlyやAllcityとかのモデルなら、こんなオフロードでも行けます。泥だらけになった後の洗車も簡単。

変速機が無いのでチェーンを外しやすい、というのもポイントです。

子どもとゆっくり走って出かけるのもまた良い。そんな懐の広さがある。

2)見た目がシンプル

道具としてシンプルな方がカッコいいと思う。「道具として」は日常生活の中の道具として。レース用の道具=機材 ならまた違うでしょう。でもブレーキは絶対つけましょう。

3)世の中の物欲を刺激する広告に惑わされない。

やれ11速化だ、電動コンポだ、新型パーツだ、という商業主義の売らんかな的な風潮がロードバイクの世界にはある。世の自転車雑誌はほとんど新型部品の紹介記事ばかりだ。シングルスピードは部品の点数も少ないし、部品自体がもう成熟しているのであまり部品をとっかえひっかえにはならないのではないか。シングルスピードバイクを早く走らせるには己の肉体とスキルを磨くのが一番だ。(私は全然走れませんが。)

4)手組ホイルが活躍できる。

ロードバイクの変速多段化によりホイールのオチョコ量が増大したため、現代のロードバイクにおいては手組ホイールはもう絶滅寸前であろう。よい手組ホイールが組めない。組むためにはすごくお金がいる。オフセットリムとかね。
シングルスピードはギアが1枚でオチョコが無いので、手組でも良いホイールが組める。私のバイクも前後自作の手組ホイールである。自作のホイールで走るのはとても気持ちの良い体験である。

5)走るのもシンプル

ギアが無いので、無心でクランクを回すのみである。坂道では、ケイデンスは当然落ちる。むしろケイデンスを落とせば出力/パワーは増大できる。体の使い方を工夫すれば、ギア1枚でも案外と登れるもの。きつい坂なら、重力の大きさをしっかり肉体に感じ取れ。テクノロジーに頼らず、肉体に回帰せよ!わたしはシングルスピードに変えてからサイクルコンピュータも外しました。

ゆっくり登れば峠も登れる!写真は大垂水峠。ケイデンスをあえて落とすことでパワーを大きくすれば重いギアを回せます。

おすすめのブランドは?

まったくの個人的趣味ですが、下記の3つを推します。

  • Surly Steamroller : 自分で所有しているし、間違いなくお勧め。
  • Allcity Natureboy : シングルスピードシクロクロス Surlyと親会社は一緒だったりする。
  • Panasonic オーダーピスト : 次にもし乗るならこれかな。

併せて読みたい

日常生活の道具になれるシングルスピードには、メッセンジャーバッグがよく似合う。

MISSION WORKSHOP製のメッセンジャーバッグ 購入して半年間、通勤で毎日使用(主に電車)、休みの日も使用で使い倒した、The ...