自重筋トレ:自宅でプルアップ!ドアジムのすすめ プリトレ

最近は体を鍛えるフィットネスや健康が一大ブームとなっています。ジムに通って体を鍛える人も増えていますが、一方で特別な器具を使わずとも体を鍛える方法があります。それは自分の体重を負荷にした自重トレーニングです。プリズナートレーニング、コンビクトコンディショニングなどとも言います。

スクワット、プッシュアップ(腕立て)、レッグレイズ(腹筋)、プルアップ(懸垂)、ブリッジ、ハンドスタンド(逆立ち)の6種目をプリズナートレーニングではビッグ6と呼び、主要なメニューとして挙げています。

ジムに通うお金や時間をかけずに、自宅で強靭な肉体を作るトレーニング法の解説書。4ヶ月やってみた感想やトレーニングメニュー、必要な機材などを紹介。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




自重トレーニングにドアジム

さて、特別な器具が要らないのがプリズナートレーニングのメリットなのですが、一つ困る点があります。それはプルアップ(懸垂)。ちょうど良くぶら下がれる場所が家にあれば良いのですが、普通は無いものです。家の近くに公園でもあってそこに鉄棒があればそれでも良いですが、なかなか無かったりします。

家でも懸垂ができる便利な道具は無いものか、私は調べました。そして見つけたのが「ドアジム」と呼ばれるアイテムです。

一言で言えば「頑丈な突っ張り棒」です。これをドアの枠につっぱらせる事で固定して懸垂のためのバーにするのです。

お値段は¥2,000~3,000くらい。この金額を投資するだけで筋トレライフが格段に充実します。超おすすめ。

ドアジム:超簡単な使い方

まずは、家の中のドアを探します。枠がしっかりしているものが良いですが、ご覧のような普通のドアでも十分です。


突っ張り棒の要領で、ドアに固定します。ドア側に特に穴あけ等は不要です。

私が使っているものは、分厚いゴムのパッドがついているので、ドアに傷もつきません。賃貸でも行けそうです。

バーの部分には、スポンジのクッションがついており、滑り止めになっています。このバーの部分をくるくる回していくと、バーが伸びてドア枠にガッチリと固定されます。

プルアップなんですが、私はフルのプルアップはまだできず、胸の高さのバーでのホリゾンタルプル(斜め懸垂)をトレーニング中です。突っ張り棒なので、バーの位置を好きに調整できるのもポイントです。


こんな場所に常時バーがあると大変邪魔なんですが、突っ張り棒形式なのでトレーニングする時だけ取り付けています。

どれぐらいしっかり固定できているか、ですが体重65kgの私が使う限りは特に心配なさそうです。よほど反動をつけたり無理をしない限りは。いちおうしっかり固定するために、ドア側に突起を固定する部品も私が購入した商品には付属していました。そこまでやれば万全ですが、木ねじで止める必要があるので賃貸の物件や、家を傷つけなくない方は難しいかもしれません。

なお、くるくる回して突っ張っているので、鉄棒の練習をしようとすると緩んで落下します。うちの子供は知らずに飛びついてしまって、くるっと棒が回って落下→大泣きしていました。ご注意を!

オススメのドアジムは?

私が買ったのは下記の商品ですが、Amazonでは現在在庫切れですね。

こちらのDOOR GYM 1型はまだ入手可能なようです。

まとめ

たった¥2,000~3,000の投資で、懸垂が家でも好きなだけできるのは、プリトレ勢、自重トレ勢にとっては非常にでかいですね。ぜひお試しください。

併せて読みたい

ドアジムを使うプルアップで、初心者の壁となるのは「ホリゾンタルプル」ではないでしょうか。ホリゾンタルプルを正しいフォームで、きっちりクリアするためのコツを記事にしました。

プリズナートレーニングで初心者殺しとなる「ホリゾンタルプル」。うまくクリアするためのコツを力学的解析から導きます。正しいフォームで、無駄なくプルアップの強化を行うために注意するべき点とは?