その子らしさを大切にする相模原の保育園「めだか子供の家」

スポンサーリンク
スポンサーリンク




めだか子供の家

長女も次女も、同じ保育園に通わせてきた。無認可で少人数の保育園で、子どもの自主性を尊重し、目いっぱい遊ぶことを中心にした保育を行っている。子供たちは自ら遊びの内容を考え、実行する。

よほどの危険が無い限りは先生が介入したりすることはなく、木登りでも穴掘りでも鬼ごっこでも、あるいは折り紙、塗り絵、ブロック遊び、あやとりなど何でも好きなことをして過ごす。週2回は園外保育でバスに乗って遠足。川や、公園や海などでこれまた思いっきり遊ぶ。

この保育園の名は「めだか子供の家」である。また、めだか子供の家に通う子供は「めだかっこ」と呼ばれる。

「”めだか”らしいよね」

年長さんの卒園が近づくと、めだか子供の家では、海まで出かける。これを卒園遠足とよぶ。このときは保護者も同伴して一緒に楽しむ。卒園の時期だからまだ3月だが、海に行くと「めだかっこ」は服が濡れるのも構わず、海に平気で入っていく。

それを見た親は「”めだか”らしいよね」、「やっぱりこうでなくちゃ」などと喝采したりする。

でも、中には気が乗らない子もいる。そういった子は入らないし、先生や保護者も「○○ちゃんどうしたの?海に入らないの?」なんて問いかけたりしない。海に入るも入らないもその子が決めることだ。大人の勝手な計らいや思い込み、偏見で、子どもに介入したりはしない。それもまた、めだからしさ。というより、それこそが”めだからしさ”なのである。そして海に入らない子は入らない子なりに、きれいな石や貝殻を探すのに夢中になって遊んでいるのだ。

海に入ってぐちゃぐちゃに遊ぶのが、めだからしいのではなく、海に入ってぐちゃぐちゃになるもよし、海に入らず石拾いするもよし、子どもの意思を尊重し、自由に遊ぶことが許されることが、めだからしさの本質であると考える。

例えば一大イベントの運動会においても、競技に参加する子もいれば、中には緊張したり恥ずかしかったりして、参加できない、気分の乗らない子もいたりする。
そういう子に何も無理強いすることはない。折角の舞台だから参加すべきとか、運動会では元気に過ごすべきとかいうときの、○○「すべき」というのは、それを唱える個人の価値観に過ぎない。
長女も年少の時はほとんどの競技をボイコットしていた。それでも翌年には全部参加していた。本人にその気があれば、周りがとやかく言わずともできるものだ。(もちろん3年間ボイコットし通しても全く構わない。だが、年数を重ねるうちに自然と参加したくなるようだ。)

子供らしいとか、らしくないとか

大人は、子どもらしいとか、らしくないとか言うけど、子供らしさの本質ってなんだろうか。子供らしさの中には、大人が作った幻想や偏見も多分に含まれている。子供らしさではなく、その子らしさを認めてあげたいと、我が家では思っている。それを伸ばせる場所が「めだか子供の家」である。

私自身感じるのは、このような場所が、親である自分自身にとっても居心地の良い場所であること。その子らしさを大切にすることは、すなわち、その家庭らしさ、その親らしさを尊重することに他ならない。肩ひじ張る必要がなく、解放された気分になるのは、子どもだけでなく保護者もまた同様であると感じる。

めだか子供の家
http://www.medakakko.com/

併せて読みたい

3人目の子供が生まれたとき、育児休暇を取得しました。たった3週間だけでしたが、体験談を記事にしています。今後育児休暇取得を考えている男性の方は参考にしていただければと思います。

まだまだ事例の少ない、男性の育児休暇。たった3週間だが、取得させていただいので、何かのご参考になれば、と思いレポートを書く。 背景 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする