シングルスピードバイク:チェーンリングの交換

シングルスピードバイクは、変速機がないためギア比を変えるにはリアのコグの歯数を変えるか、フロントのチェーンリングの歯数を変えるかしかありません。

本記事では、チェーンリングの交換に必要な工具と手順を紹介します。ロードバイクやマウンテンバイクでも同じ手順です。

ちなみに今回登場するチェーンリングは、スギノのこちらの製品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




工具と手順

チェーンリングは六角ボルトで止まっています。なので六角レンチは必須です。しかしこれだけではチェーンリングの取付、取り外しはできません。

チェーンリングを裏側から見た写真です。銀色のナットが入っています。六角レンチでボルトを回すだけでなく、このナットをうまく抑えないとチェーンリングは外れません。

そこで必要なのが、この「チェーンリングナットレンチ」(名前長い。。。)です。写真はパークツールの製品。

値段は600円ぐらい。各社から発売されていますのでお好きなものをどうぞ。

これをナットの溝の部分に引っ掛けます。

ナットが回らないようにレンチで抑えながら、六角レンチで緩めます。

こんな感じで外れます。

五箇所全て外せば、リングが外れます。外したナットとボルトは小さいので失くさないように注意しましょう。

クランクからリングを外せばこの通り。取り付けはさっきと逆の手順でOK。外すときはチェーリングナットレンチが無くてもなんとかなるかもしれませんが、取り付けはしっかり閉まらなくなるので、必ずレンチを用意しましょう。

なお、シングルスピードバイクでチェーンリングを交換すると、チェーンの張り具合が変わります。ふつう、調整のためにリアホイールを前後させますが、この時ブレーキシューの位置が、リムのブレーキ面から外れてしまう時があります。

そのときは、ブレーキシューの位置調整が必要です。次の記事をご覧ください。

シングルスピードバイクの場合、ギア比を変更するためにリアのコグ(ギア)やフロントのチェーンリングを交換した場合、チェーンの張り具合が変わっ...

当ブログの自転車関連記事まとめページはこちらから!

当ブログ「無辺光」の自転車記事まとめページです。 主に Surly Steamrollerとシングルスピードの紹介記事シングル...