自転車スタンディングスティルの練習:運動オンチでもできた

信号待ちのローディーや、メッセンジャーが、自転車から降りないまま、何にも掴まらずにバランスをとって立っていたりすることがあります。ステンディングスティルという自転車のトリックです。一見超人的なバランス感覚による凄ワザに見えますが、原理を知って練習すれば誰でもできるようになるスキルです。

私自身、学生時代の体育の授業は全くいい思い出のない運動オンチですが、なんとかできるようになりました。

その過程を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スタンディングスティルの仕組み

自転車は、前後に二つの車輪があり、地面と接しています。このため前後方向にはバランスを取らなくても、倒れてしまうことはありません。

一方、左右方向には支えがないため、速度が落ちてバランスを失うと倒れてしまいます。左右のバランスを取るには左右に移動してバランスの調整をする必要がありますが、自転車は前後に動くことができても左右に動くことはできません。

でもハンドルを、横に切った状態で、前後に自転車を動かすと、自転車は前後に動くと同時に左右に動くことができます。この移動を利用して左右のバランスを取るのが、スタンディングスティルです。

練習その1:倒れそうになるまでゆっくり走る

※練習は車どおりの少ないところで、周囲によく注意して安全に留意しておこないましょう。

※練習で慣れないうちは、ビンディングペダルを使うのはやめましょう。クリートをはめないで練習していても、不意にはまってしまって立ちゴケするかもしれませんよ。

まず、止まりそうなぐらいゆっくり走ります。サドルからは腰を浮かせ、クランクは3時の位置。左右のペダルに均等に体重をかけます。

止まりそうになったら、倒れそうになってバイクが傾きます。そのときバイクが傾いた方向にハンドルを切ると少しバイクが進んで、バランスが取れるようになります。ハンドルを切る角度は45度くらい。

ハンドルを切って、前に進むことで、左右方向のバイクのバランスを取る感覚を覚えます。

その2:坂道で後ろに下がる練習

坂道といってもほんのわずかな傾斜でOK(道路の水勾配よりちょっときついぐらい。)。ゆっくりと走ってきて、ペダルを漕ぎながら減速します。途中で坂道によって減速がかかり止まりそうになります。そのまま止まるところまで行くと、最後に坂道に自転車が押し戻され、少し後ろにバイクが下がります。(バックする。)バックしたらすぐ足をついて止まってOK。(慣れないと結構怖く感じる。)

スタンディングスティルでは自転車を前後に動かしてバランスを取る必要があるのだけれど、この後ろに動く感覚が普通は持っていない感覚。これを体感して慣れる練習。前に出したペダルの足の内股をフレームやサドルに当てると、バイクと体が一体化してコントロールしやすいです。

その3:坂道で前に進んだり、後ろに下がったりする

その2に続いて坂道。後ろに下がったところで、ペダルを踏み込み前に出る。感覚がつかめてくると、後ろに下がる→踏んで前に少し進む→坂に戻されて後ろに下がる→また前に進む。。。と何回か繰り返せるようになります。これができるとほぼスタンディングの感覚はつかめているはず。変速付きの自転車ならなるべく軽いギアにしておいた方がやりやすいと思います。

軽いギアにしても前に進むのがしんどい場合は、坂が急すぎるかもしれません。ほんとうにわずかな傾斜でも、後ろに進ませることはできます。

世の中、完全に真っ平らな道はないので、これができれば色々な場所で止まれるようになります。

その4:平地でスタンディング

平地だと後ろに進む力が無くなるので、難しい。体を前に出した反動でバイクを後ろに下げることでバックしてバランスを取ります。下りだとさらに難しい。上手な人はできるそうですが、私にはできません。

実演!

シングルスピード(フリーコグ)での実演です。動画撮影で緊張しているのもあり、かなり力入っていますが、いちおうなんとか形になっている?

スタンディングスティルの練習

でもずっと前輪のタイヤを見てたりしているので、車通りのある場所ではまだ危険ですね。タイヤから目を切って周囲の様子が見られるようでないと危なくてダメです。まだ要練習!

どのぐらい練習すればできるようになるのか?

1日30分くらいで週2〜3回練習していれば、1週間から、1ヶ月くらいでできるようになると思います。わたしは2週間くらいでなんとかできるようになりました。

ギア比は低い方がやりやすい、という意見もありますが私はシングルスピード車でやったので、ギア比は2.1ぐらい。決して軽くはないギアです。でもなんとかなりました。

タイヤは太い方がやりやすいかもしれません。私は32cで低圧にして乗っているので地面との接地感は結構あります。

ちなみに、ステンディングスティルのやり方は、ロードバイクのバイブルとも言える、「ロードバイクの科学」にも載っています。わたしの場合、まず「スタンディングスティル」の存在をこの本で読んで知りました。

ここで載っている方法なんですが、前輪を壁に当てて固定する、というところから始まるタイプです。しかしこれは私にはどうも合わなくて、諦めてしまいました。その後、いろいろ試行錯誤しているうちに今の方法に出会ったというわけです。逆に、本記事で紹介している方法よりも、「ロードバイクの科学」の方法が合う方もきっといるでしょう。うまくいかない方はこちらも是非参考にしてみては?

当ブログの自転車関連記事まとめページはこちらから!

当ブログ「無辺光」の自転車記事まとめページです。 主に Surly Steamrollerとシングルスピードの紹介記事シングル...