初めての子供自転車はどう選ぶ?ルイガノLGS-16がオススメな理由3つ

子供の自転車デビューにどんな自転車を選ぶとき値段だけで選んでいませんか?体力が少なく、判断力も弱い子供が乗る子供用自転車はしっかり選んであげないと、事故や怪我の原因にもなりかねません。最低限のポイントはチェックしておきたいところです。

スポーツ自転車の愛好者の私が考える、自転車選びのチェックポイントは次の3つです。

  • 軽くて漕ぎやすいこと。(アルミフレーム)
  • しっかり止まれる事。(ブレーキがよく効くこと:Vブレーキ採用)
  • 子供が気にいるデザイン

こんな基準を満たす自転車として、我が家の子供達が乗っているのがこちら。

カナダに本社のある、大人向けも含めた本格的スポーツ自転車メーカーのルイガノ(Louis Garneau)のキッズバイク、「LGS–J16」です。タイヤのサイズが 16インチでだいたい4〜7才ぐらいの子供にぴったりのサイズです。

公式HPはこちら

この記事では、3つのチェックポイントを踏まえて、「LGS–J16」をオススメする理由を紹介していきます。

なお、我が家のルイガノはもう補助輪を外していますが、補助輪も付属してますのでご安心を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




理由その1 軽くて漕ぎやすい アルミフレーム

子供の体力、特に筋力は大人よりもとても弱いです。まだ筋肉が未発達な状態で不慣れな自転車を練習して、乗りこなすって子供にとっては本当に大変なことですよね。だから大事なのは、最初は軽い自転車を選んであげたいって言うことなんです。

このルイガノは、重量が8.9kgと超軽量です。他の子供用自転車(16インチサイズ)で10kgを切るものは中々見つかりません。だいたい11kg〜12kgぐらいではないでしょうか。

そんな1〜2kgの差なんて大したことないじゃん、って思った方もいるかもしれません。確かに大人ならそれほどの差は感じないかもしれません。でもこの自転車に乗るのは、まだ小さいお子さんだと言うことを思い出してください。大人にとっての1kgと子供にとっての1kgは全然違うんです。

漕ぎ出しの瞬間のフラフラとか、練習中に転んだ時に起き上がる時に軽い自転車ならとっても楽になります。

軽いからと言って、弱かったり壊れやすかったりしてはいけませんが、LGS−J16は軽くて強い自転車です。その秘密は、アルミ製のフレーム。

他の安い自転車は大抵スチール(鉄製)の自転車なのに対して、LGS-J16は本格的なスポーツ自転車にも使われる、軽くて強いアルミ材料、「6061アルミニウム」製なんです。フレームにも誇らしげに書いてありますね。

LGS-J16に限らず、子供向け自転車を選ぶときには自転車の重さと、材質に注意してみてください。

我が家の子供たちは、練習したらすぐに補助輪が外れたけど、アルミフレームで軽いところがかなり効いていると思っています。

理由その2 しっかり止まれる安全性 Vブレーキ

軽いフレームですいすい走れるようになったらとっても大事なこと。

それはしっかり止まれること

まだ手がちいさく、握力も弱い子供がしっかり止まるためには性能のよいブレーキがついている必要があります。

例えば、大人ならなんて事のない下り坂でも、ブレーキが良く効かない自転車に子供が乗っていたら。。。止まれずに転んでしまったらケガをするし、もし車通りの多い道に飛び出してしまったら目も当てられない惨事になるかもしれません。

自動車も、バイクも電車も、どんな乗り物でもしっかり止まれることが一番大事。ブレーキの性能はとても大事なんです。

このLGS₋J16では、マウンテンバイクに使われる「Vブレーキ」と呼ばれる高性能なブレーキが採用されています。もともと山道を走るために作られたマウンテンバイクのブレーキですから、とにかくしっかり止まることのできるブレーキ。もともと本格的なスポーツ自転車づくりを行ってきたルイガノならではの心配りだと思います。

上の写真に写っているのが、そのVブレーキです。アルミフレーム同様、Vブレーキがついている子供向け自転車はなかなかないんですよ。ブレーキがどんなブレーキかも要チェックです。

理由その3 かわいい 見た目も大事!

最後に大事なこと。それは子供がすすんで乗りたくなるような見た目になっているかどうか。大人にとってもそうですが、子どもにとっても外見が気に入るかどうかは大事なポイント。見た目が気に入れば自転車の練習にも気合が入るというもの。

余談ながら私(男です)が初めて乗った自転車は姉からのお下がりで、少女向けアニメの「リボンの騎士」の自転車でした。小さいときは気にしてなかったけど、小学校に上がってからは友達の前で乗るのが、とっても恥ずかしかったことを思い出します。。。

それはさておき、LGS-J16の見た目は、スポーティなイメージになっています。このあたり趣味があるので、なんとも言えませんがルイガノはお洒落なブランドなので、すっきりとした見た目の自転車ですね。

カラーも年によって変わりますが、何色かから選ぶこともできます。我が家は長女、次女が女の子だったのでピンク色にしました。

細かいところでは、グリップの部分がトランプのスーツ柄になっています。うちの子供たちは気に入っているようです。

タイヤの滑りどめパターンもなんとお魚の形!子供にうけるポイントです。

このあたり、子供の趣味にあうかどうかですが、ルイガノが細かいところにもこだわって自転車づくりをしているのはよくわかりますね。

終わりに

以上が、初めての子供用自転車選びのポイントと、ルイガノ「LGS-J16」がおすすめの理由でした。ほかの子供用自転車に比べて¥30,000の価格は少々お値段は張りますが、とても良い自転車ですし、しっかり管理すれば、長く乗れる自転車にもなります。

最初の1台にはうってつけではないでしょうか?

「お父さんの自転車と一緒におでかけ!」

当ブログの自転車記事まとめページはこちらから!

当ブログ「無辺光」の自転車記事まとめページです。 主に Surly Steamrollerとシングルスピードの紹介記事シングル...